会社名  HIT経営コンサルティング事務所
設立年月日  2016年4月
代表者名  広瀬 潔(メールアドレスは📩でお問合せ下さい)
事業内容
  1. 新規ビジネス企画 → ビジネスプロセス作成 → ビジネス開発 → 営業教育 → ビジネス開始迄の一貫した支援
  2. 営業・販売 → 購入・利用 → アフターフォローの一貫したビジネスプロセスの構築支援(CoCoA理論)
  3. マーケティング戦略、営業戦略、サービス戦略の見直し/強化の支援
  4. 経営者と営業担当者に対するプロダクトマネジメントとマーケティング教育
  5. Webサイト改善提案
  6. セールスレター作成
対象顧客層
  1. 新規ビジネスの立ち上げを模索している企業様
  2. マーケティング戦略、営業戦略、サービス戦略を見直し強化したい企業様
  3. サービス提供過程を見直し強化したい企業様
  4. Webサイトを24時間新規顧客獲得のための営業マンとして活用したい企業様
ミッション

マーケティングの力で企業の可能性を最大限に引き出し、ゴール達成の支援を行い、社員の皆様を元気にします。

Facebook

 https://www.facebook.com/kiyoshi.hirose0810/ (個人)

 https://www.facebook.com/hitbiz128/              (FB Page)

LinkedIn

 https://www.linkedin.com/in/kiyoshihirose

所在地

 埼玉県新座市(住所、電話番号は📩でお問合せ下さい)

電話番号
Certificate

米国マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院

Artificial Intelligence: Implications for Business Strategy

米国ボストン大学クエストロム経営大学院

Product Management with Lean, Agile and System Design Thinking



当事務所URLへの思い入れ

当事務所のドメインは、hitbiz128.comです。

hitのhは文字通り代表者の苗字の頭文字で、itはITを小文字にしたもの、bizはbusinessの略です。

128は、お客様の業績が今まで以上にホップ・ステップ・ジャンプして飛躍することを願って付けました。

 

当事務所との二人三脚開始が、始めの一歩のホップ[1]、

次に業績がステップアップ[2]、

そして経営改善され業績がジャンプアップ[8(2の3乗)]

することを願っています。

また、hitには「〈考えなどが〉〈人に〉思い浮かぶ」と言う意味もあり、

お客様の課題解決策が思い浮かぶように願いを込めています。


代表者プロフィール(過去から現在の順)

 ITとAIが分かる経営コンサルタントです。

 

外資コンピュータベンダー(日本DEC[現日本HP])

当時は世界第2位の米国東海岸ボストンにあるコンピュータベンダーの日本法人で、システム開発・技術サポート・営業支援・コンサルティング・事業企画を担当。

技術担当として世界最先端技術の習得と米国本社技術部門との窓口、コンサルティング担当としてお客様が満足するコンサルティングの難しさ、事業企画担当としてサービスマーケティング、事業戦略立案、新規事業立ち上げを経験しました。

また、事業企画担当時代に幕張メッセへの出展を多数経験しました。

1990年10月に業績に貢献したエンジニアとして、米国本社よりCircle of Excellenceアワードを受賞し表彰されています。

 

外資コンピュータベンダー(Stratus Computer)

米国東海岸ボストンにある無停止コンピュータベンダーで、WindowsNT搭載フォールトトレラント・クラスタ・サーバ(ハードウェア二重化による無停止コンピュータ)をコンピュータ市場に初めて投入し、日本法人にてプロダクトマーケティングを担当。

日本におけるマーケティング戦略、新規顧客開拓戦略、既存のお客様への製品紹介、および米国本社との窓口として頻繁に電話会議を行い様々な調整をしました。

米国ラスベガスで行われたCOMDEX’96では、米国本社スタッフと一緒に出展に参加し、展示ブース内で各国のお客様に製品説明を行いました。その後、国内展示会にも出展しました。

 

外資PCベンダー(Apple)

今でも米国シリコンバレーにある有名なPCベンダーの日本法人にて、コンシューマ向けサービス企画、新規事業企画、パートナ・リレーションを担当。

コンシューマ向けサービス戦略の見直しと改善によるコストダウンの達成、およびパートナとの新規事業の立ち上げを行いました。
残念ながら「Stay hungry, stay foolish」の名言を残された方には会えませんでした。

 

外資SIベンダー(Comverse Network Systems)

イスラエルに本社を置く通信系システムインテグレータで、日本のR&D(研究開発)プロジェクトマネージャを担当。

日本・イスラエル・米国合同の国内携帯電話キャリア向け開発プロジェクトの、日本側プロジェクトマネージャを経験。

また、新規事業分野参入のために市場調査を米国有名コンサルティング会社と共に行い、この時に超一流コンサルタントのコンサルティング手法を自学しました。

 

国内SIベンダー(Terilogy)

コンサルティング部門を立ち上げ、ITコンサルタントとして、国内大手キャリア会社向け商用ネットワーク監視システム構築のプロジェクトマネージャを担当。

商用ネットワーク監視システムはフランス製で自社が国内代理店となっていたため、担当窓口として定期的に英語の電話会議で営業・技術情報を交換しました。

 

フリーランス時代

大手SI企業様と契約し大規模インフラ構築案件受注ための提案書作成、受注後の上流工程のシステム全体設計、プロジェクト計画、プロジェクト管理に携わり、現場ではサーバや統合監視システムの構築にも携わりました。

また、米国大学付属研究所の国際入札案件で、コンサルタントとして日本で調査したAS-ISモデルと暫定TO-BEモデルを現地研究所所長に英語でプレゼンを行い、さらに個別に現地研究員の方々にインタビューし、その結果を元にギャップ分析を試み、その後RFPを作成したこともあります。

IT業務以外では、非常勤講師として3年4年の学生向けにプロジェクトマネジメント、システム開発工程管理、経営情報システム、プロダクト・マーケティング、サービス・マーケティングの講義を5年間行いました。

また経営情報学会に所属して「次世代システム研究部会」で2年、「ICTとサービス&マーケティング研究部会」で幹事として3年、合計5年間にわたり研究部会メンバーの大学教授、大学院教授、一般企業の方々とマーケティングの研究を行いました。

実績としては、研究部会論文集に以下の論文を2編執筆いたしました。

  • OSS開発企業のビジネスモデル
  • オープンソースソフトウェアによるIT業界のサービス・イノベーション

現在

各業界のサービスや最新マーケティング手法を、サービス・マーケティング理論に基づき分析と研究を行い、企業に対しマーケティングにフォーカスした経営コンサルティングやセミナーを行っています。

  • OSS開発企業のビジネスモデル(経営情報学会全国大会)
  • ITの変遷とサービスビジネス(経営情報学会研究部会)
  • FREEのビジネスモデル(経営情報学会研究部会)
  • オープンソースソフトウェアによるIT業界のサービス・イノベーション(経営情報学会研究部会)
  • 顧客視点のサービス創造フレームワーク(日本情報経営学会関東支部)
  • デジタル時代のサービス・マーケティング(個別セミナー)
  • 地頭軟化セミナー(フェルミ推定)(個別セミナー)
  • マーケティング視点の顧客対応(個別セミナー)
  • 消費者心理を用いた営業テクニック(個別セミナー)
  • MIT Sloan, Artificial Intelligence: Implications for Business Strategy(日本情報経営学会関東支部)
  • プロダクトマネジメント視点のソフトウェア開発工程管理(個別セミナー)
  • プロダクトマネジメント視点のプロジェクト管理(個別セミナー)
  • その他サービスビジネスに関するお話しいろいろ

人工知能

独学でMachine Learning、Deep Learning、NLP(自然言語処理:Natural Language Processing)を習得しておりますので、エンジニアの方とも技術的なお話は可能です。実際にPythonとPHPで感情分析プログラムを開発し、現在でも某アンケートシステムで稼働しているという実績があります。このプログラムはアンケートのコメント欄に記述されている文章を理解し、お褒めの言葉かご批判かを自動識別するプログラムです。画像認識や音声認識に関しても概要と実装方法論は理解しています。
さらに、人工知能をビジネス戦略の一つとして活用する方法論立案も得意とするところです。